第4回アイドル楽曲大賞2015に投票しました


この記事を書くともうすぐ今年も締めの季節に入りつつあるんだなあ、という気持ちになる。そんなわけで今年の振り返り第1弾、アイドル楽曲大賞への投票内容公開です。2013年2014年の記事はこちらなんで、それぞれ見て頂ければ。

そんなわけでさくさく行きますよ。投票サイトはこちら

メジャーアイドル部門

ノミネートされてる物の中から、この賞にマッチしているか、という観点から若干の絞り込みをしました(ぶっちゃけた話Silent Siren、清竜人25、Perfumeなどを外しました)。例年こういうランキングの時には1ミュージシャン1つとしているんだけど、今回ばかりは二つ選ばせてほしい。配点は書くのめんどくさくてやめたけど、1〜3位にほとんどの持ち点を振り分けてます。

1位:Negicco「ねぇバーディア」

Negiccoの纏う雰囲気とレキシ池ちゃんのポップス職人としての才能が化学反応を起こして出来た名作。

2位:lyrical school「ゆめであいたいね」

tofubeatsとリリスクのコンビでもトップ3に入る傑作ではないだろうか。

3位:Negicco「光のシュプール」

2014年12月に出た曲なので投票。個人的には「まず、この曲よりも良いか」が判断基準になった。本当は1つのグループを2つ入れたくなかったんだけど、どうしても片方を切ることができなかった。

4位:BABYMETAL「Road Of Resistance」

世界本格進出後の新曲の中ではピカイチ。というか、他が…(まあ音源出てないから投票のしようがないんだけど)

5位:乃木坂46「今、話したい誰かがいる」

最後の1曲は色々考えたけどこれかな~。全体的にきれいにまとまってるな、って感じ。

 

ちなみにはっちゃけ体操がなかったのがものすごく悔やまれる。早く音源化してくださいお願いします。

これだけ音源化されても困るけどw

インディーズ部門

実は、今回相当苦労した。コメントは書きません。

1位:amiina「canvas」

2位:星野みちる「ディスコティークに連れてって」

残念ながら音源アップなし

3位:Faint★Star「BoyFriend -A.S.A.P-」

4位:RYUTist「メクルメクルメ」

5位:せのしすたぁ「moment」

Especiaがメジャーデビューしたのとライムベリーがああなっちゃってから聴いてないのと単純に色々と動向を追いかけるのが大変になったのもあり、選出には苦労した。この「追うのが大変になった」というのが今年のトピックかもしれない。インディーズ部門についてはホントにこれくらいしか聞いていないのが実情。あと意外に音源未リリースのものがあったりとか。ハイタッチガールズみたいに。

Tパレ勢なんかは実際インディーズだしこっちに入れてよ……とも思ったけど、そうすると票はそこに偏りそうな感じがあるので今の配置でいいのかもな、と思いましたとさ。

アルバム部門

1位:lyrical school「SPOT」

2位:Negicco「Rice & Snow」

3位:callme「Who is callme?」

ベビメタのライブ盤とか入れようかな、と思ったけど入ってなかったのでやめました。いや入ってても入れなかったと思うけど。callmeはいいんだけどちょっと優等生すぎる感じがする。あるいは習作感が漂っているというか。Negiccoはまあもうちょっとできたんじゃないの?みたいなところはあり。いやそれはリリスクもそうなんですが。なんというか動向追ってるところは出来がある程度予想ついちゃってるところ多いから評価しづらいというか全体的に辛めの評価になりがち。それでもこの辺がトップを占めるあたりあまり僕は動向を追ってないなあ。いや他にも聴いたんですけどね。

推し箱部門

lyrical school

来年もよろしくお願いします。

全体的なコメントとか

自分自身が夏頃からアイドル現場に行く回数が相当減ったのもありなんかコメントしづらいところあるけど、「シーンの疲弊感」「楽曲派向けアイドルの生き辛さ」みたいなのは今年割と感じた。

WASTE OF POPSさんのところでやってるアイドルライブキャパ定点観測にもあったけど、最近ライブ会場をバンバン上げていく攻め方をするアイドルが増えている。WWW→リキッド→赤坂BLITZ→Zepp・野音・中野サンプラザみたいな倍々ゲーム。そしてこのインターバルも半年だったり、それ以下だったり。さらにはその大箱ワンマンの週にCDリリースして物販も展開して一気に収穫、みたいなのが多い。しかしお客さんの数も有限だけど1人のお客さんの財布の中身も有限なのだ。スパンが短くなればそれにつれ厳しくなる。だいたいリキッドくらいまではうまくいくんだけど、そこから先で急速にきつくなることが多い。あとこれ失敗するとアイドルとそれを取り巻く諸々が一気に後ろ向きになる気がする。自分が見てるもの以外もそんな感じの話が色々ある印象。

スパンが急速なので楽曲の良さでじわじわ……みたいなのはとても難しい。というか楽曲が良いってなんだ、みたいなことを最近思う。2月くらいに行ったトークライブで南波さんが言ってたけど、「曲がいい」のは当たり前なんだよね。みんな力入れてるので、ホント好みの話でしかない。そうなるとたくさん積む人がいる方が伸びる。「楽曲派」は色々目配せしつつ広く薄く買っていくからそういうファンが多いとなかなか色々伸びない。みたいなのがここ最近の実感。解散商法使われたバニラビーンズなんかはかなりそういうとこあるよなあとか。そういえばTパレ最近あまりCDリリースしてないけど大丈夫なのか、と言われたりしてる。実際のところどうなのかな。

全く実になる話でなくて後ろ向きで申し訳ないなあと思いつつ、なんだかんだ楽曲やらパフォーマンスやら何やらを通じて楽しませて頂いているのは事実なのでアイドルの皆さんには感謝である。

さあ、ここから一気に年末モード突入ですね!